たいちぶろぐ

ごくありふれた日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひぐらしのなく頃に



アニメの世界はかなり過激に人を殺しても大丈夫らしい。それもどうかと思う。

連休にちょうどアニメの「ひぐらしのなく頃に」を見ていた。で、今朝、駅看板に実写版の映画の宣伝広告を発見してびっくり。5/10からだったとは。たぶん見ないけど。

アニメは猟奇的だったり残殺シーンだったりが含まれてて民放で放送中止になっちゃうような問題作。個人的には回をおう程おとなしくなる印象だった。はじめの4話が一番怖かったが、慣れもあるかもしれない。

2クールのアニメですらゲームの内容を一部カットして尺にあわせたにもかかわらず、続編もあわせて合計4クールやっちゃったほど伏線張り巡らされまくりのこの作品、どう2時間におさめる気だ?内容がとても薄~くなる予感大。

・・・って感じでみる前から限界が見え見えなんだけど、ゲームとアニメのただの呼び水なのかな。かといって映画である程度ネタバレしちゃったらゲームとアニメをやってもつまらんだろうしなぁ。きっとかなり謎を残して映画は終るんだろう。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。