たいちぶろぐ

ごくありふれた日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国民年金に対する不満

将来戻ってくる金額が今払ってる金額よりも、同じか、少ないか。だとしたら貯金しておく方が利息がつく分ましだ。貯金できるか、出来ないか、その人しだいだが、多分僕は出来る。

国民年金で年間60万円、厚生年金で年間200万らしいんだけど今の受給者はそれに相当する分を払ってきたのか?物価上昇や貨幣価値が変わったのは理解するとして、年金資金の運用パフォーマンスはどうなってるのか、さっぱりだ。

簡単な話にすれば、受け取った年金があって、払った年金があって、残りの将来の資金を運用してんだろ、それが今どれだけあって、今までどれだけ増えて、今の支払いを賄うにも足りて、社会保険庁のマッサージ機を買うのにも足るものならば文句は言わずに素直に払おう。

今の受給者の分をちゃんと払っているならそれは今までの分が適正に運用されていて払うに足る資金があってこそだと思うんだが、どうもそうは思えない。ムカつくのはそこだ。

払った人が報われない制度なのはその時点で論外なんだが、今まで払った人が報われている事になっていて、ただ裏ではどうなってるかよく分からず、また分からないような仕組みにしておいて、言い換えればそれを隠すような形で、まるで資金は有るかのごとく、将来も問題なく払われるかのごとく、今の人を報いておいて、破綻を繰り延べている様な曖昧なもの。

今の日本を作った今の受給者が払ったという事実を無下に扱う気はさらさらない。悪いのはけど、そんな「相互扶助」とはいえない、ただの「無償奉仕」でしかない年金なんていらない。

といっても、返って来ればラッキーと思って払っちゃうんでしょうが。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。