たいちぶろぐ

ごくありふれた日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政治に対する不満

最近の政治に対しては沢山いいたい事がある。国家からみたら僕なんてただのなんてことのない一平民だ。

そんな平民が政治に対して発せられるメッセージというか、唯一の手段は清き一票を入れることだけ。そのことにまず失望する。

数の暴力で強行採決を乱発してきた自民党のボケ政治家たちに票なんか入れちゃいけない。っていつも思うんだけど、投票結果をみると自民党や公明党に票が結果的にいっぱいはいってる。それだけキトクケンエキを持ってる人が沢山いるのか、なにも考えてないのか、僕がわかってないのか、わかんないけど、なんとなくどんどん生きにくくなる感じがする日本て国にたいして期待するのが間違ってるのでしょうか。

てゆうか、期待なんかしてないんだけどそれでも所得税も社会保険料も厚生年金も給料から天引きで「払わない」という選択肢すらないのも腹が立つ。まだ税金は社会システムを享受してる意味ではしょうがないかなと思うけど、将来払った分すら戻らない可能性の高い年金なら、天引きされた分を民間の個人年金に充てるか、若しくは自分で運用した方がいいパフォーマンスがでるじゃないかと、よく考える。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。