たいちぶろぐ

ごくありふれた日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

携帯が買えなくなる日は近いかも。

先日、auが「買い方セレクト」っていうプラン(サービス?)を発表した。なぜかあまり世の中は反応していない。というより、auがあまり宣伝していない。

パンフレットやホームページで内容を詳しく見たけど、不明な点が多すぎて発表されているだけの内容では何も判断できない。なのに、11月12日からそれがスタートするというのだけは決まっている。これって、超変じゃね?

しょうがないのでauショップに行って不明点を聞いてみたけどショップの店員も、端末価格がどうなるか、まだ発表されていないので実際のところ良く分からないということで、結局なにも解決しなかった。

ショップの店員さんが新プランで計算したところ、現行のプランよりもほとんどの場合高くなるそうで、安くなるのは、「長い間同じ機種を使っている、電話を余り使わない人」っていう超ありえない「特定の人」だそうだ。そんな人、携帯持たなきゃいいのに。

で、そのほかの人は今までと同じ(か、少し高くなる)で、新しい機種を次々へ買い換えることがしにくくなるので、今までのように1円とかの携帯がなくなる(かもしれない)。こんなの販売者としても、メーカーとしても、ユーザーとしても、おいしくない。完全に総務省にたいしての上っ面の対応だよね。

ドコモもその手のプランを導入するようですね。
mixiのニュースより
------------------
NTTドコモが導入を予定している携帯電話の新料金体系で、端末価格は2万円程度高くなるが、月々支払う基本料は1000円程度の引き下げとすることを検討していることが17日、分かった。
(中略)
携帯各社は、販売店に販売奨励金を払って「1円携帯」など端末を格安で販売させ、その分を通信料に上乗せして回収してきた。これについて総務省は、頻繁に端末を買い替える人も1台を長く使う人も同じ料金体系であることは「不公平だ」と指摘し、通信料と端末代金を分離した料金プランの導入を求めていた。
------------------

僕自身、1台の携帯端末を大体2年以上はもっているので長く使う人の部類に入ると思っていたけど、その僕が今までと同じということになると長く使っている人が安くなるのではなくて、短く持つ人がより多くのコストを負担することに成るって事になる。

でもさ、これって、
「携帯各社は、販売店に販売奨励金を払って「1円携帯」など端末を格安で販売させ、その分を通信料に上乗せして回収してきた。」
っていう文章となんかつじつま合わないよね。だって長く使っても現行プランと比べて大して安くならないなら、上乗せされてなかったも同じってことじゃん。不公平感の対処方法としては間違ってる気がするんですが。

いままで安く手に入れられてたものが高くなれば、消費はしなくなる。消費がなくなれば、結局、端末がさらに高くなってますます携帯が買えなくなるような感じがするんですが、ちゃんとその辺やってくれるのかしら?

その見極めをいちおうしてから、11月12日までに買うか、買わないか決めたいんですが、結局その日までなんの発表もなく突入して、使えねー!ってことにならなきゃいいけど、なる可能性が大だと思ってる。

携帯が4万とかになったら、長期間使ってる僕なんかは超長期間使う人になっちゃうよ。っていうか、今後買い換えることはなくなるだろうね。バッテリー買うだけなら3000円、新しく買ったら5万円。買わないよ、っていうか、買えない。そんな贅沢できない。

昔は携帯にテレビがついてた時代があったんだよ。
なんて笑い話をする時がくるかもしれませんねぇ。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。