たいちぶろぐ

ごくありふれた日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドのバラナシにて

2005-04-14
MY PROFILEに写真が載っているのにきづいたでしょうか。
インドに行ったときにホテルの窓から
ガンジス川越し朝日が上るのを撮影したものです。

インドに行ったのは2年も前のことです。
前の会社のプロジェクト移動のちょっとした休みで
1週間だけでしたが行ってきたときのものです。

この写真はデジカメで撮影したものなので残っていましたが、
これとは別にもうひとつ、使い捨てのカメラを持っていたのですが
そっちをどこかで落としてしまい、今でも悔しく思います。

その中にはガンジス川の周りで子供たちを撮影したものや、
町の風景などが結構いっぱい写っていたので。。。

落としたのはいつかというのはわかっています。
後ろポケットに入れていて、ガンジス川のほとりの
楽器屋さんでタブラというインド製の太鼓を買った後
飛行機でデリーまで帰らなければいけなくてあせって運んでいたときです。

時間がわりとぎりぎりだったのに加え、
国内線の飛行機に載ること自体にもどきどきで
どうなることかとひやひやしていたときなので
とるものもとりあえず急いでいたので
身の回りのことに少し無神経になっていたときでした。

経緯をすこし話すと、
最初に日本からデリーに降り立っていろいろあったのですが、
5日目にバラナシに到着しました。かなり省きすぎですが。。。

バラナシに到着した時点でお金は2000円くらいしかなかった気がします。

デリーからバラナシまで電車で12時間くらいかかるのですが、
来た道をまた12時間かけて帰るのは面白みもないし時間がかかりすぎなので
飛行機で帰りたいと思いました。

バラナシというのはガンジス川が流れる聖地で、深夜特急にも出てくる
メジャーなポイントなのですが、そこでお金を銀行で下ろそうとしたところ
聖地というのにcitibankがないということに気づきシマッタと思いました。

その時点で腰巻の中に1万円を入れてあったのでなんとか
餓死することは避けられましたが、先ほどのタブラという楽器が
かなり値切ったのですが、日本円にして7500円もしたので
のこり2500円で帰れるかどうか微妙になってしまったのでした。

飛行機代がたしか3000円位したような気がします。

10000万円とその時点であまっていた2000円とで12000円しかなかったのですが、
3000円の飛行機代と7500円のタブラで10500円なので
1500円しかあまらず、その中から空港までのタクシー代や、
ご飯代を引いてデリーに着いたときには500円くらいしか
残っていなかったと思います。

それではホテルに泊まれないのでcitibankを探さなければならなかったのですが、
それがまた大変でどのインド人に聞いても近くのインド銀行しか教えてくれないし
そんなこんなで夜はふけてくるし、いきなりなぐられるし、
くだらない詐欺師はよってくるしで、インドは本当にしょうがない国だなと
痛感してその次の日に日本に帰ってきたわけです。

かなりはしょったので、このことはそのうちホームページのなかで
インド旅行編を書き記したいと思うのですが、
記憶もだんだん鮮明でなくなってきているので思い出したらまた
このブログで書くかもしれません。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

インド

インドインドは、南アジアに位置し、インド亜大陸の大部分を占める連邦制共和国である。パキスタン、中華人民共和国、ネパール、ブータン、バングラデシュ、ミャンマー、スリランカ、モルディブと国境を接する。約10億人にも及ぶ国民は、多様な人種、民族、言語、宗教によっ

左サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。