たいちぶろぐ

ごくありふれた日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[日記]退職後の手続きなど

資格の学校へは行こうとしているのですが7月の後半からなので少しの間旅行にでも行こうかなぁと漠然と思っていたのですが、退職後のいろいろな手続きがありましたのでいけずじまいでした。お金が少し不安というのもあったのですが(^^;)

転職する人も増えているので皆さん知っていることかもしれませんが自分は知らないことがいっぱいあったのでブログに記しておこうと思います。

いろいろなホームページや役所の説明を見たりして情報を集めたのですがわかりやすくまとめて説明しているページがなかったので腹立ちました。

国民年金は将来的に戻ってくるかわからないので払わない!という人も多いかもしれませんが国民の義務として払っておいてもいいのではないでしょうか。
保険は病気になった場合に痛手を負うのできちんと手続きをしましょう。
ハローワークへ行ってしまうと離職票を提出してしまうため保険と年金の手続きはハローワークに行く前にしたほうがよいと思います。

(※注)金額的な部分は平成17年度現在のものですので気をつけてください。

【年金】
・今まで会社が払ってくれていた厚生年金から国民年金への切り替えをする必要がある

・手続きは役所で行う

・届出に必要なもの
年金手帳、離職・退職証明書、扶養でなくなった日のわかるもの、身分証明書

・年金の金額は毎月13,580円

・今年から失業者に対する免除制度が新しくできたので利用すべし!


【健康保険】
いままで会社が払ってくれていた健康保険料から切り替えをする必要がある
 ・国民健康保険
 ・健康保険任意継続
 ・親の扶養になる
 の3種類から金額などを考えて自分で選ぶ

★国民健康保険の場合
・保険料の算出方法
(住民税年額)×2.08+32,100
40歳~60歳の被保険者がいる場合はさらに以下もプラスする
(住民税年額)×0.32+12,000

・手続きは役所で行う

・届出に必要なもの
健康保険喪失年月日のわかる書類、いつ誰がどこを辞めたのかがわかる書類、退職証明書、離職票のうちどれか1つ
身分証明書

★健康保険任意継続の場合
・20日以内に継続の手続きをしないと継続できる資格を失う

・近くの社会保険事務所にて手続きをする

・保険料について
いままで会社が払っていた2倍の保険料がかかると多くのHPに書いてあるが
正確には等級によって金額が決まっており、上限は22,960円(17等級以上の人)。

・届出に必要なもの
身分証明書、1か月分の保険料

★親の扶養になる場合
・手続きは役所で行う

・備考
親が国民健康保険の場合、扶養というのはない
同居していない場合、認められないかもしれない


【失業給付】
・届出に必要なもの
離職票
雇用保険被保険者証
印鑑
身分証明書
写真
銀行の預金通帳

詳細はハローワークで聞いてください。
ハローワークへ行ってしまうと離職票を提出してしまうため保険と年金の手続きはハローワークに行く前にしたほうが無難だと思います。



正直、面倒くさいですね。
会社も離職票をもっとすばやく出してくれれば。。。実際に届いたのは9日ですからね。。。旅行にも行けへんちゅうねん(-_-#)

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。